1. TOP
  2. 30代男性の転職の実際と、失敗しないために必ずやっておくべき対策

30代男性の転職の実際と、失敗しないために必ずやっておくべき対策

ビジネス この記事は約 7 分で読めます。

30代は、仕事について考えることも多いもの。ときには「転職」を考えることもあると思います。少し前は「転職は20代まで」というイメージが強かったですが、最近は30代でも転職する人は増えています。

これからの人生をより良くするために、仕事について考えることはとても大切。ここでは「30代男性の転職」について、詳しく紹介します。

30代の転職は「最後のチャンス」

30代の転職は「最後のチャンス」と考えたほうが良いです。転職する人は増えているものの、依然として長く働いている人も多いです。

最近でこそ価値観が変わり始めていて、転職は「よくあること」として見られるようになってきています。ですがとくに年齢を重ねた人は、ひとつの会社で長く勤めている人がまだまだ多いです。あまり頻繁に会社を転職しすぎてしまうと、採用してもらえる会社はどんどん減ってしまいます。40代になると、転職できる可能性はさらに低くなります。

そのため30代での転職は、「60〜65歳まで働ける職場を探す」という意識で検討しましょう!このような視点をもって転職活動をするだけで、職場選びが大きく変わります。目先の仕事に飛びつかなくなり、「本当に長く働ける良い職場」を探しやすくなるため、意識してみてくださいね。

30代は「経験・スキル」が大切!

30代の転職で大切なのは「経験・スキル」です。

多くの人は20代のころから仕事を始めていると思います。この年代になると社会人になってから約10年が経っていて、職場の仕事でも、社会人としても、さまざまな経験をしてきていると思います。30代の転職で大きな武器となるのは、こうして身に付けた経験とスキルなのです。

30代は転職市場において、「バランスの取れた良い人材」として見てもらえることが多いです。それは「働き盛りの若さがあり、しっかりとした経験・スキルを身に付けているため」です。

人によってはプロジェクトやチームのリーダーを任されたり、重要な仕事を頼まれたりする機会が増えてきた人もいると思います。リーダーの仕事を通して身に付けた「マネジメントスキル」やハードルの高い仕事で身に付けた「やり切る力」などは、ほかの会社でも通用しやすいのです。

経験・スキルを活かした転職活動は、意外とスムーズ

このように、今までの仕事で身に付けた経験やスキルを活かす場合、転職活動はかなりスムーズです。しっかりとしたキャリアがあれば、企業が興味をもってくれるためです。

企業は余計なことにお金を使いません。ただ、「この人は優れたキャリアをもっている」と判断すると、「経験やスキルに見合った報酬を提示して、採用したい」と考えます。そのため30代というハンデになりやすい年齢でも、希望の企業へスムーズに転職することができるのです。

年収が上がる可能性も、十分ある!

スキルや経験を活かして転職をする場合、年収が上がる可能性も高いです。企業も「実力が高い人には、その人が今もらっている収入よりも高い報酬を支払いたい」と考えることは多いです。あなたが入社することで力が高まるなら、企業は「投資すべき人材」と考えるのです。

未経験の職種に転職するはかなり大変

ただ、人によっては「未経験の仕事にチャレンジしたい」「今までとは違う職種の仕事に就きたい」と考えることがあると思います。こうした「未経験の仕事」に転職を考える場合、30代の転職は一転してかなり厳しくなります。その理由は、「未経験の人を採用するなら、20代のほうが良いため」です。

未経験の人が仕事をこなせるようになるためには、企業が転職した社員を「研修」をして、育てる必要があります。研修には人手が必要で、ある程度長い時間をかけて行う必要があります。

30代で未経験の人が新たな仕事を始める場合、ある程度仕事ができるようになるまでに5年はかかります。つまり30代の人は、新しい職場で1人前になるころには、年齢が40代近くになるということです。

企業は「きちんと仕事ができる人に、業務を任せたい」と考えています。しかし40代は年齢的に体力の衰えが生じやすくなるため、あまり負担の大きな仕事ができなくなります。また、30代から仕事を始めた人は管理職に就くには早いことがあり、結果として「あまり仕事をこなせない人」になってしまうのです。

30代で新しい仕事に挑戦することは、かなりリスクのあることだと考えておきましょう。もちろん上手くいく人がゼロなわけではありませんが、あまり満足のいく転職ができないことは多いです。十分考えてから、検討してくださいね。

どんな理由で転職する人が多いのか?

30代の人が転職する理由は、「やりたい仕事をするため」「会社の将来性に不安を感じたため」「収入に不満があるため」という3つが主となっています。

30代になると、それまで身に付けたスキル・経験を元に転職を検討することになります。20代で転職する場合、安易な考えから転職してしまうこともあります。30代で転職を考える場合は、よりしっかりとした考えに基づいて転職を検討することができます。また、これから取り組む仕事内容を具体的にイメージできたり、「自分の実力なら、他の企業でもっと良い仕事ができるはずだ」と考えることができたりします。

30代男性が転職で気をつけるべきポイント!

以上のことから、30代でもきちんと経験やスキルが身に付いていれば、良い転職をできることが理解できたと思います。ここからは、「何に気を付けて転職活動をするべきなのか?」について紹介します。大きく分けて3つのポイントを押さえてください。

「自分の長所・短所」について考えておく

まずは「企業があなたを採用するメリットが何なのか」をはっきりさせることが大切。自分のどのような点が「強み」で、どのような点が「弱み」なのかを振り返っておきましょう。これは転職の面接で「自己PR」をする際に役立ちます。

大卒で就職活動をしたことがある人は、「自己分析」をした人も多いはず。転職活動でも、自己分析をしたほうが、転職の満足度は高まります。それは、「より自分に合った仕事を見つけやすくなるため」です。

「自分の強みについて、何となく分かっている」というだけでは、面接であなたのメリットを100%伝えられない場合が多いです。そのため時間をとって自分の長所・短所について洗い出し、面接の際に伝えられるように準備しましょう。

また、できるだけ「数字」を入れて答えられるように準備しておくことも大切です。「リーダーとしてスタッフをまとめていた」と答えるよりも「3年間、15人ほどで構成される営業チームのリーダーをしていました」のように答えるほうが、より具体的になります。

「将来の仕事についてのビジョン」について考える

転職活動では、面接で「志望動機」や「これからどんな仕事をしたいのか」について必ず質問されます。もちろん面接に対応するためでもありますが、これらについては自分のためにもしっかり考えておくことをおすすめします。

「なぜ転職したいのか」「これからどんな仕事をしたいのか」について考えると、今後自分が取り組む仕事をより良いものにすることができます。これらについて考えるとき、自分が仕事に望むことを具体的にイメージするはずです。すると「自分はこういうことがしたかったんだ」と気付くきっかけになり、転職後の仕事に対する満足度が高まります。

ただ、今は変化が激しい時代のため、将来の仕事イメージをもっても思うようにいかない場合はあります。ですがそれでも、しっかりとしたビジョンをもって仕事に取り組むことはとても大切です。ビジョンをもつ場合とそうでない場合では、今後の人生のブレる度合いが変わってきます。

「本当に転職すべきか」について、よく考える

転職を考えるときに、「転職をしない」という選択肢も含めることをおすすめします。

転職を考え始めると、つい「転職すること自体」が目的になってしまいやすいです。ですが、「転職しても、あまり収入は変わらないかもしれない」「今の会社で頑張ることも、良い選択肢かもしれない」のように考えることで、転職するかしないかを、より冷静に判断することができます。

十分に考えた上で「転職しない」と決断するなら、それは「良い選択」といえます。上でもお伝えしたように30代の転職は最後のチャンスなので、じっくりと検討しましょう。

悔いのない転職をしよう!

ここでは、「30代男性の転職」について紹介してきました。30代はまだ、転職のチャンスが残っています。これからの人生を悔いのないものにするため、よく考えた上で決断してほしいと思います。

また、安易に転職を考えるのではなく、上で紹介したように「自分の長所・短所」「将来のビジョン」「転職をしたい理由」「今の職場ではダメなのか」についてよく考えてみてほしいと思います。しっかり考えた上で転職をすれば、あなたの仕事人生はより楽しくなるはずです!

\ SNSでシェアしよう! /

恋活ボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋活ボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【保存版】「人生変わった…」セルフイメージを上げる方法14選!

  • 【定番】30代の人生を失敗しないためのおすすめビジネス書10冊!