1. TOP
  2. 男性が行うべき夏の汗対策!ワキ・背中・顔・におい・服装

男性が行うべき夏の汗対策!ワキ・背中・顔・におい・服装

スキンケア この記事は約 8 分で読めます。

夏になると気になりやすいのが「汗」!「暑い中でしばらく過ごしていると、すぐに汗をかいて困る・・」という人は多いと思います。実際、筆者もそうです(汗)

汗をそのままにしておくと、ワキや背中に跡がついてしまい、見た目がよくありません。さらに汗をダラダラとかくことで、ニオイがきになり不潔な印象になることも・・。

ということで、ここでは「男性が夏にするべき汗対策」について紹介します!汗対策は身体の「外側」と「内側」からすることが大切!ここではこの両方について、10つのポイントに分けて解説します。

【外側】からできる汗の対策6つ!

まずは「身体の外側からできる汗対策」について!
次の6ポイントを押さえましょう。

・顔・額の汗には「汗ふきシート」を使う。
・ワキ汗には「制汗スプレー・クリーム」を使う。
・「ミョウバン水」を作ってスプレー。
・においは「シャワー付きのネットカフェ」で汗を流す。
・パットつきTシャツで、脇汗防止!
・「麻」素材のシャツで通気性・乾燥性を上げる。

それぞれについて、詳しく紹介します。

顔・額の汗には「汗拭きシート」を使う

一番手軽にできる汗対策、「汗拭きシート」。夏にはバッグに入れておきたいアイテムです。汗が気になるときにサッと拭けば、スッキリきれいになります。300円くらいで購入できるので、それほどお金の負担もありません。100円ショップに行けば、もっと安いかも。

汗拭きシートは夏汗の根本的な解決にはなりませんが、「応急処置的なアイテム」として活躍してくれます。

ワキ・背中には「制汗スプレー・クリーム」を使う

より長時間、汗を抑えたい場合には、制汗スプレーや制汗クリームを使うのがオススメ。使う部分は主に「ワキ」と「背中」です。

スプレーはシューっと吹き付けることで制汗効果と清涼感を同時に得ることができます。手軽に使えます。ただ、時間とともに流れ落ちてしまいやすいので、1日の中でときどき吹き付け直す必要があります。

制汗クリームは肌に直接塗り込むので、より効果が長持ちしやすいです。ただ、これも時間が経つと効果が薄れてしまいやすいので、途中で塗り直すと良いです。クリームには「肌を痛めず、きれいに保つタイプ」など、高品質な商品も多いです。よりこだわって汗を抑えたい場合には、こうしたクリームを使うと良いです。

「ミョウバン水」を作ってスプレー

お金をかけずに制汗効果を得るためには、薬局に売っている「ミョウバン」を使って「ミョウバン水」を作るのもオススメです。ミョウバンには殺菌・制汗・消臭作用があるのです!

用意するのは「ペットボトルの水500ml」「焼きミョウバン15g」の2つだけ。焼きミョウバンは楽天で100g300円ほどで購入できます。

用意したペットボトル水にミョウバンを入れて、しっかり振って混ぜます。ミョウバンは水に溶けにくく、しっかり溶けるまでに2〜3日かかります。そのため涼しい場所にペットボトルを放置して、数日待ちます。

これがミョウバン水の「原液」です。実際に使うときは、スプレーのボトルにミョウバン水の原液を入れて、20〜50倍くらいに薄めて使います。作った液は1ヶ月以内くらいには使い切ると良いです。夏の期間をしのぐには十分ですよね。

使い方はワキや背中など、気になる所にスプレーするだけ。ミョウバンは無害なので顔にも使えますが、十分薄めて気にならないところに吹き付けて様子を見ましょう。それから顔全体に使うと良いです。

ミョウバン水は、手軽な汗対策方法といえますね。

においは「シャワー付きのネットカフェ」で汗を流す

仕事などをしていると、汗をかいてしまったり、においが気になったりしてしまいやすいです。こうしたときには「シャワー付きのネットカフェ」に少し立ち寄ると良いです。シャワーを使って汗を洗い流せば、スッキリした身体に戻すことができます。平日のネットカフェなら、30分300円ほどで利用できる店は多いです。

また、時間があればネットカフェ内で涼んでいきましょう(笑)すでにシャツなどについた汗を、乾燥させることができます。

パットつきTシャツで、脇汗防止!

夏の汗で気になりやすいこととして、「ワキにできる汗のシミ」があります。周りの人から「うわー、ワキ汗すごいな」と思われてしまうので、できるだけ避けたいところですよね。

最近はワキ部分に「パット」がついたTシャツが販売されています。これをインナーとして着れば、ワキ汗が気になりやすい人でも心配することなく過ごすことができます。1〜2枚あれば夏を乗り切ることができるので、消耗品として購入しておくのはオススメです。

また、Tシャツはもちろん「吸水性」と「乾燥性」に優れた素材を使っていることが大前提。汗が服についてこもってしまうと、過ごしていて不快になってしまいます。「ドライ素材のTシャツ」を用意しましょう。上のパットつきTシャツは夏に着ることを考えて、ドライ素材で作られているものがほとんどです。

「麻」素材のシャツで通気性・乾燥性を上げる

もうひとつオススメなのが「麻」素材を使ったシャツ。麻は乾燥性に優れていて、見た目にも涼しげな雰囲気が感じられます。そのため夏のコーディネートに適しているため、取り入れると良いですよ。

「ユニクロ」では夏になると麻素材のシャツが販売されていますし、楽天でもたくさん販売されています。夏に向けて用意しておくのもオススメです。

【内側】から汗のにおい対策をする!

汗は「かきやすいこと」も気になりますが、「におい」も気になりやすいですよね。「汗くさい!」と思われたら、いくら仕事ができてもマイナスイメージは避けられません。

汗のにおいを改善するためには、「身体の内側」に注目することが大切!汗は身体から出るものなので、体内の状態が悪いと汗もにおいやすくなるのです。汗のにおいを改善するために、次の4ポイントに注意してみてください。

・脂っこい食事を避ける。
・水を飲む。
・適度に運動する!
・ニオイケアサプリを活用する。

これらについても、詳しく説明していきます。

ビールや脂っこい食事を避ける

汗がにおいやすくなる原因として「食事」は大きく関係しています。

「ビール」「脂っこい食事」「キムチやニンニクなどの、においがきつい食べ物」、こうしたものは、汗をにおいやすくしてしまいます。そのため、ゼロにする必要はありませんが、食べる量を減らすと良いです。そして代わりに、野菜をしっかり食べるように気を付けましょう。

汗には食べたものの成分が含まれやすいです。においがきつい食べ物を食べると、それだけ汗の成分にもにおいがうつりやすくなります。「汗くさい」と言われないために、日頃の食事を見直してみてくださいね。また、1日だけ野菜を食べても汗のにおいはすぐに改善されないため、「継続すること」が大切です。

「水」を飲む

「水」を飲むことも、とても大切です!

「人の身体は60%ほどが水分」といわれています。ただ、水分は生活の中で失われていて、水分が新しく補給されないと、体内の水分はどんどん質が落ちてしまいます。水分補給をすることで、体内を良い状態に保つことができます。

また、水には「デトックス効果」があります。「体内の毒素や老廃物を洗い流してくれる作用」があるので、積極的に水を飲むと体内をきれいに保つことができます。

目安として「1日2リットルの水」を飲むことが大切。最初はちょっと多いように思うかもしれませんが、1日の中でこまめに飲んでいると、十分飲むことができる量です。こうして水を飲んで体内をきれいに保っていると、汗のにおいもなくなります。

適度に運動する

汗のにおいをなくすためには、「運動」をすることも効果的です。

汗には「体内にある毒素や老廃物」が含まれています。運動して汗をかくと、これらがどんどん身体の外へ排出されます。すると体内がきれいな状態になり、においの元となる成分がなくなります。

また、運動することで体内の「細胞」を元気にすることができます。細胞は元気になることで、においの原因となる物質を除去してくれやすくなります。

運動はジョギングなどの軽いものでも良いですし、興味があればフットサルやバドミントンなど、より活発に動くスポーツも良いです。運動後はしっかり水分補給をしておいてくださいね。運動はなかなか継続するのが大変ですが、その分だけしっかり効果を得ることができますよ。

ニオイケアサプリを活用する

最後に、「ニオイケアサプリ」を利用するのもオススメです。最近は「汗のにおいや体臭を消すための成分が含まれたサプリメント」が市販されています。これを活用することで、手軽ににおいのケアができます。

サプリメントなので少しお金はかかりますが、とくに汗がひどくなる7〜8月くらいは試してみるのも良いかもしれません。飲むだけでにおいを抑えることができるので、とても簡単にできるにおいのケア方法です。

ただ、サプリばかりに頼っていても、根本的な原因を解決しない限り汗のにおいは続きます。そのためサプリを活用しつつも、上で紹介した対策方法も取り入れると良いです。

汗対策をしっかりして、爽やかな男に!

ここでは、「男性が行うべき夏汗の対策方法」について紹介しました。

身体の【内側】からの対策
・顔・額の汗には「汗ふきシート」を使う。
・ワキ汗には「制汗スプレー・クリーム」を使う。
・「ミョウバン水」を作ってスプレー。
・においは「シャワー付きのネットカフェ」で汗を流す。
・パットつきTシャツで、脇汗防止!
・「麻」素材のシャツで通気性・乾燥性を上げる。

身体の【外側】からの対策
・脂っこい食事を避ける。
・水を飲む。
・適度に運動する!
・ニオイケアサプリを活用する。

以上の10ポイントに気をつけて汗対策をすれば、きっと汗の多い時期でも周りの人から不快に思われることがないはずです。夏は「清潔感」をしっかり演出することが大切!紹介したポイントを押さえて、ぜひ汗対策をしっかりとしてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

恋活ボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋活ボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • かゆみ・ハゲ対策!紫外線の頭皮に対するダメージの予防・ケア男性版

  • メンズヘッドスパで頭皮・髪の毛のケア!美容院とメンズエステの違い

  • アンチエイジングに!男性が行うべき紫外線対策スキンケア4ステップ

  • 30代男性におすすめの洗顔フォーム、資生堂メンをレビューしてみる

  • 男性の洗顔フォームの選び方!肌質に合う洗顔料を選ぶ4つのポイント

  • 剛毛さらば!男性がすね毛を脱毛する方法まとめ。オススメの処理は?