1. TOP
  2. 足のにおいを簡単に消す方法!ミョウバンや重曹が対策におすすめ!

足のにおいを簡単に消す方法!ミョウバンや重曹が対策におすすめ!

ヘルスケア この記事は約 6 分で読めます。

男性によっては「足のにおい」に悩むことがあると思います。足からニオイがプンプンしていると、座敷に上がる飲み会で周りの人から嫌な顔をされたり、彼女を家へ呼んだときに「くさっ」と言われたりしてしまいます(笑)こうしたことは、しっかり対策して避けたいところ。

足のにおいは簡単に消すことができます!ここでは、その方法について紹介して、「日頃から足のにおいを防ぐためにやるべきこと」についても紹介します。

急ぎのときにオススメ!即効・簡単な足のにおい対策3つ

まずは飲み会の前日や当日でも簡単にできる、足のにおい対策を紹介します。筆者も一度足のにおいが残ったままで飲み会に突入した経験があり、気まずい思いをしました(汗)女性にマイナス印象をもたれないためにも、しっかりとケアをしておきたいですね!

足のにおいを簡単に消すには「ミョウバン水」がオススメ

足のにおいを消すために効果的なのは、「ミョウバン水」というものです。ミョウバンには殺菌・消臭・制汗作用があり、足のにおいをサッと消すことができます。また、足のにおい以外にもワキ汗などにも効果的ですよ。

ミョウバン水の作り方はとてもカンタン。「焼ミョウバン」というものが、スーパーや薬局(ドラッグストア)、ネット通販、100円ショップなどで販売されています。これを50グラム用意して、1.5リットルのペットボトル水に入れます。焼ミョウバン10グラムを300mlの水に入れても良いです。水道水は塩素などの不純物が混じっているため、きれいな水を使うほうが良いです。

ミョウバンは水に溶けにくいので、すぐには溶けません。ときどき振り混ぜて透明になるまで待ちましょう。液が透明になったらできあがりです!これが「原液」になり、実際に使うときには原液を約10倍に薄めて使います。ミョウバン水の原液1に対して、水9の割合で入れます。小型のスプレーボトルに入れると、カバンに入れておくことができて便利です。

足のにおいが気になってきたら、足にミョウバン水を吹き付けるだけでOK。ミョウバンは身体に無害なので、吹き付けても肌が荒れることはありません。ミョウバン水はボトルを購入しても300円くらいで作ることができるので、試してみてくださいね。

靴のにおいも「重曹」で消しておこう

足のにおいは足から出る「汗」と、「密閉された靴の中で、汗によって足がムレてしまうこと」が原因になっています。靴には汗が染み込んでしまっており、足だけでなく靴もにおう場合があります。そのため、「靴のにおい」も消臭しておくと良いです。

靴のにおいを消すためには、「重曹(じゅうそう)」という粉を使うことが効果的!重曹は「炭酸水素ナトリウム」という物質で、こんにゃくを固めるために使ったり、「ふくらし粉」という粉として使われたりします。また、吸湿作用や消臭作用があるため、靴のにおいを防ぐために効果的なのです!

重曹もスーパーや薬局、100円ショップなどで販売されています。コップに2分の1ほどの重曹を入れて、これを「お茶パック」や「使い古した靴下」などに入れます。これを寝るときに、靴の中へ入れておきます。朝起きたら、靴が消臭されているというワケです!

とくに仕事で履くことが多い革靴・ビジネスシューズは、においがつきやすいです。そのため重曹でケアをしておくと、いつもにおいのない清潔な状態を保つことができますよ。

念のため、「替えの靴下」を用意しておく

上のように、「ミョウバン水」と「重曹」を活用すれば、日頃のニオイケアをしっかりと行うことができます。ただ、飲み会などの前に応急的なニオイケアをするためには、靴下を履き替えておくとより確実です。「抗菌効果のある靴下」が販売されているため、活用すると良いですね。

日頃から足のにおいを防ぐために気をつけること

これまで紹介してきた方法は、「発生した足のにおいを消す方法」です。ただ、自分の足を「におわない足」にすることができれば、より根本的なニオイ対策ができますよね。

足のにおいを防ぐためには、日頃から次の3点に気を付けることが大切です!

足をきちんと洗い、清潔に保っておく

足のにおいを防ぐためには、「足を清潔に保っておくこと」が大前提!足に汚れがあると、においの元になってしまいます。

特別なことをする必要はありませんが、「足の裏」や「足指の間」を石けんやボディソープなどできれいに洗っておきましょう。足指の間はあまりしっかり洗わない人が多く、においの元になりやすいです。意識して洗っておくだけでもかなり違ってきますよ。

刺激・においの強いものを食べ過ぎない

におわない足にするためには、「食事に気をつけること」が大切!「刺激やにおいの強い食べ物」を控えると、足がにおいにくくなります。にんにく・唐辛子・ねぎ・キムチ・肉類などを食べ過ぎると、においの元となる成分が体内に蓄積されてしまいます。これが汗として発散されることで、においが生じやすくなります。また、足は汗がムレてしまうため、よりにおいが増幅されやすいのです。

例に挙げた食べ物はどれも、男なら好きな人が多いはず。そのため上のものを「まったく食べない」というのは、難しいと思います。ただ、食べる量を減らすことは大切なので、日頃から「においや刺激の強いものを、あまり食べないでおこう」と意識してみてください。意識するだけでも、かなり食べる量が変わるはずです。

あと、筆者は「水」を日頃から飲むように気をつけています。水を飲むことで、体内にあるにおいの元となる物質を排出しやすくなります。1日2リットルを目安に飲むと良いと思います。詳しくは別ページで紹介しているので、参考にしてみてくださいね!
>>こんな効果が!夏の脱水症や熱中症を予防する水分補給の正しい方法

疲れ・ストレスをためない

仕事では疲れやストレスがたまることもあると思います。疲れやストレスを大きく感じるとき、人の体内には「活性酸素(かっせいさんそ)」という物質が増えた状態になっています。活性酸素は体内のさまざまな部分を攻撃して毒素や老廃物を増やす働きがあります。つまり、

疲れ・ストレスを感じる → 活性酸素が増える → 毒素・老廃物が増える → 足のにおいが強くなる

という流れになります。

仕事の内容を変えることは難しいかもしれませんが、ときどき温泉などに行って疲れを癒したり、好きなことなどをしてストレスを発散したりすることは大切です。働くことも大切ですが、遊ぶことも身体を健康に保つためには大切ですね。

足のにおいは嫌われるモト!気を付けよう

ここでは、カンタンにできる足のにおい対策について紹介しました。足のにおいは気付かれてしまうと、マイナス印象になりやすいです。

・すぐに足のにおい対策をするには「ミョウバン水」と「靴下の履き替え」
・飲み会などの前日に「重曹」を靴に入れておく。
・日頃から足を清潔に保ち、においのきつい食事を避け、ストレスをためない。

以上の対策はどれもカンタンにできますが、ひとつひとつ確実に行うことで、しっかりと足のにおいを除去することができます!参考にしてみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

恋活ボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋活ボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • こんな効果が!夏の脱水症や熱中症を予防する水分補給の正しい方法

  • マジか…EXILEや三代目のような肉体を作る筋トレ方法がヤバい!

  • 口臭が気になるときの原因と予防・対策!簡単にできる方法も紹介

  • 30代の運動にウォーキング!効果と楽しく続けるために用意するもの

  • 30代からの男性のジム通い!初心者が必ず押さえておくべきポイント