1. TOP
  2. 男性の洗顔フォームの選び方!肌質に合う洗顔料を選ぶ4つのポイント

男性の洗顔フォームの選び方!肌質に合う洗顔料を選ぶ4つのポイント

スキンケア この記事は約 7 分で読めます。

肌の状態を整えるために、毎日行う必要があるのが「洗顔」!

最近は女性だけでなく男性も、洗顔に気をつける人は多いです。いわゆる「デキる男」ほど、洗顔にも手を抜かないものですよね。

洗顔をするときには、「自分に合った洗顔フォーム」を使うことが大切。ただ、洗顔フォームは、「どれが自分に合っているのか分からない」「どの洗顔フォームが良いんだろ?」と思うことがあると思います。そこでここでは、「男性の洗顔フォームの選び方」について詳しく紹介します。参考にして、自分に合った洗顔フォームを選んでくださいね!

洗顔フォーム選びの前に、自分の肌を見極めよう

洗顔フォームを選ぶときには、最初に「自分の肌質」を知っておくことが大切。「自分の肌がどんな状態なのか」について知らないと、それに合った洗顔フォームを選ぶことができません。

肌質は大きく分けて、「乾燥肌」「脂性肌(しせいはだ:オイリー肌とも呼ぶ)」「敏感肌」の3つに分かれます

【乾燥肌】

乾燥肌は、文字通り「乾燥しやすい肌」を指します。

肌の内側には水分が閉じ込められており、肌のうるおい・柔らかさ・ハリ・ツヤなどを保っています。しかし人によっては肌が乾燥しやすいことがあり、皮膚に閉じ込められている水分がどんどん抜けてしまいます。するとカサついた肌になり、見た目が悪くなります。

乾燥肌をそのままにしておくと、ニキビができやすくなったり、女性から「不健康そう」と思われたりしてしまいます。

【脂性肌(オイリー肌)】

脂性肌は「脂分の多い肌」を指します。男性は脂性肌の人がけっこう多いです。

顔がテカっている人、よく見かけますよね。これは脂性肌の人です。体質的に皮脂が分泌されやすい人や、脂分の多い食事をたくさんとる人は、脂性肌になりやすいです。

脂性肌をそのままにしておくと、見た目が不潔に見えることに加えて、嫌なニオイの元にもなります。

【敏感肌】

敏感肌は、「小さな刺激に対しても、ダメージを受けてしまう肌」を指します。

ホコリや汚れ、紫外線などが肌に触れることで、肌が荒れてしまったり、ニキビができたりしてしまいます。敏感肌は女性に多いですが、男性でも敏感肌になることがあります。

敏感肌は体質的なものなので、すぐに改善することは難しいです。敏感肌に合った洗顔フォームを選ぶことが大切です。

まずはこれら3つの肌で、自分がどれに当てはまるかを確認してみてくださいね。また、これらに当てはまらなければ、バランスの取れた「普通の肌」ということになります。

洗顔フォームを選ぶ4つのポイント

自分の肌質を確認したら、いよいよ洗顔フォームを選びましょう!次の4つのポイントで選ぶと良いです。

・「肌質に合うタイプ」を選ぶ。
・「美容成分」が含まれているか。
・「価格」「ブランド」から選ぶ。
・「口コミ」を参考にする。

これらについて、下で詳しく説明します。

「肌質に合うタイプ」を選ぶ

まずは「肌質に合うかどうか」を確認しましょう。

洗顔フォームは「保湿成分配合」「しっかり汚れを落とす」「天然成分配合」など、種類によって効果が違います。肌質に応じて、次のように選んでみてください。

普通の肌:自分の好み・目的に応じて選んでOK。
乾燥肌:「うるおい効果が高い」「保湿成分配合」のタイプを選ぶ。
脂性肌:自分の好み・目的に応じて選んでOK。こまめな洗顔が大切。
敏感肌:「天然成分配合」「低刺激」「無添加」のタイプを選ぶ。

このように洗顔フォームは何でも良いわけではありません。自分の肌質によって、選ぶタイプが違ってくるのですね。洗顔で良い効果を得るためにも、自分の肌質を知っておくことは大切なのです。

「保湿成分」の代表例

乾燥肌の人は「保湿成分」にこだわるのがオススメ。保湿成分の代表例は、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」です。これらのいずれか、もしくは全てが含まれていれば、「肌のうるおいを保ちやすい」といえます。

特にセラミドは保湿効果が高く、「保湿成分の王様」といわれるほど。セラミド1・セラミド3のように、「名前の後ろに数字がついているセラミド」は、特に効果的な成分です。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、女性の美容についての話題でもよく耳にする成分。もちろん男性の保湿にも役立ってくれます。

「天然成分」「無添加」とは?

敏感肌の人は、「天然成分」や「無添加」の洗顔フォームを選ぶと良いです。

洗顔フォームは「合成された化学成分を使ったタイプ」と「天然成分を使ったタイプ」があります。

化学物質・アルコール・パラペン・香料は、肌への刺激になりやすいです。そのため、これらが使われている洗顔フォームは避けるほうが良いです。敏感肌の場合は「食物由来の天然成分」を使った洗顔フォームを選ぶと良いです。

また、洗顔フォームには洗浄力を高めるために、「アルコール」や「パラペン」などの物質を、香りを良くするために「香料」を使ったものがあります。しかしこれらも、敏感肌の場合には刺激になりやすいです。そのため「アルコールフリー」「パラペンフリー」「無添加」のように書かれている洗顔フォームを選ぶほうが良いです。

こうした洗顔フォームを使えば肌に刺激を与えることなく、きれいに洗顔することができます。

「美容成分」が含まれているか

次に「美容成分」が含まれているかどうかを確認すると良いです。

洗顔フォームの中には、ただ顔の汚れを洗い落とすだけでなく、うるおいを保ちやすくしたり、肌のハリやツヤを守ってくれたりする「美容成分」が配合されている商品があります。

美容成分として代表的なものは、「アミノ酸」「プラセンタ」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」などです。これらの成分は「肌への栄養分」となり、肌質を高めてくれます。洗顔料の成分は基本的に洗い流されますが、これらの成分は肌に浸透します。そして、肌の状態を保つために役立ってくれます。

最近注目されている「アミノ酸」は、「人の身体や体内の機能を保つために、なくてはならない成分」です。これを顔の肌に直接浸透させることで、顔の細胞を健康に保つことができます。

洗顔フォームは毎日使うものです。つまり美容成分が含まれている洗顔フォームを使うと、毎日自然に顔の肌をケアすることができます!洗顔フォームによりプラスの効果を期待するなら、美容成分が含まれているかをチェックしましょう。

「価格」「ブランド」から選ぶ

価格・ブランドも、洗顔フォームを選ぶときのポイントになります。

洗顔フォームは基本的に、価格が高いほど良質な傾向にあります。ドラッグストアやスーパーで購入できる洗顔フォームは1,000円以下のものが多いです。とりあえず顔をきれいにすることはでき、美容成分は含まれていないものがほとんどです。

1,000〜3,000円ほどの洗顔フォームは、質にこだわったものが多いです。無添加・天然成分は当たり前、美容成分も配合されているものが多いです。さらに「パッケージのデザイン」にこだわっているものも多く、お洒落に使えるものが多いです。洗顔料は毎日使うので、気持ち良く使えるとイイですよね。「洗顔フォームの質にこだわりたい」という場合は、まずはこうした価格のものから試してみると良いです。

3,000円以上の洗顔フォームは高品質なことに加えて、「人気の高級ブランド」の商品であることが多いです。資生堂・クラランス・ブルガリなど、高級洗顔フォームは質が高いだけでなく、「使うことによる満足感」を得ることができます。「上質な洗顔でケアをしている」という気分が、「ワンランク上の男」に高めてくれるはずです。

「口コミ」を参考にする

最近は「口コミ」を参考にする人が増えています。洗顔フォームも使った人がさまざまな口コミをアップしていて、読むと参考になることが多いです。

口コミは「サクラ」が書き込みしていることがあります。つまり、実際は使っていないのに、良い評価を書く人がいるのですね。

ただ、サクラはあくまでも一部で、「やけに丁寧に書いている」「ベタ褒めしている」など、読むと違和感を感じることが多いです。そのためこうした口コミを抜かしてチェックすることで、ある程度参考になることが多いです。「商品の内容」と「口コミ」の両方を確認してから購入すると、洗顔フォーム選びで失敗する可能性をより低くすることができます。

もちろん肌質は人によって違うため、口コミ通りの効果を得られるとは限りません。そのため口コミは、「ある程度の参考」として捉えておくのが良いと思います。

ポイントを押さえて、自分に合った洗顔フォームを選ぼう!

ここでは、「男性の洗顔フォームの選び方」について紹介してきました。自分の肌質を確認して、4つのポイントに従って選べば、自分に合った洗顔フォームを購入することができます。洗顔料は毎日使うものなので、こだわって選ぶと良いですよね。ここでのポイントを、ぜひ参考にしてみてください!

\ SNSでシェアしよう! /

恋活ボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋活ボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • メンズヘッドスパで頭皮・髪の毛のケア!美容院とメンズエステの違い

  • 男性が行うべき夏の汗対策!ワキ・背中・顔・におい・服装

  • 男も顔の乾燥・肌荒れ対策は重要!4つのポイントで冬のケアを!

  • 頭皮の乾燥を予防する洗い方8ステップ!【男性編】フケ・かゆみ予防

  • 剛毛さらば!男性がすね毛を脱毛する方法まとめ。オススメの処理は?

  • かゆみ・ハゲ対策!紫外線の頭皮に対するダメージの予防・ケア男性版