1. TOP
  2. 苦手克服!30代アラサー男性が恋愛の会話力を磨く5つの方法

苦手克服!30代アラサー男性が恋愛の会話力を磨く5つの方法

恋愛 この記事は約 5 分で読めます。

会話が苦手な人っていると思います。管理人も以前、会話がとても苦手でした。ぜんぜん盛り上げられなかったし、飲み会も「あまり楽しくないな〜」と思いながら参加していました。ですが「これじゃダメだ!」と思い直し、会話の練習をするようになりました。

おかげで今は場をそこそこ盛り上げられるようになり、飲み会も楽しくなりました。会話が上手くなることは、人生を楽しむ上でとても大切なスキルなんじゃないかと思います。ここでは管理人がこれまでにしてきて役立ったことを5つ紹介します。日々の生活の中で意識していくと、会話力がアップします!

日常生活で、会話を盛り上げようと意識した

まずは「会話を盛り上げよう」と意識することが大切です。

管理人の場合、以前はただただ聞くだけで、場の雰囲気を盛り上げようとも、自分から話題を提供しようともしませんでした。そのため「何を考えているのか分からない人」という感じだったと思います。

とくに男性の場合、周りの人は優しくありません(汗)「会話くらいしようよ」という感じで見られてしまうことが多いです。管理人が話せなかったのは20代前半の学生時代でしたが、ちょっと寂しい気持ちを感じることがありました。

会話ができるようになるためには、まずは「会話が上手くなりたい!」と思うこと。意識すると「じゃあどうしようか」という解決策を考えるようになるので、会話が少しずつ上達するようになります。最初はすごく小さな成長かもしれません。管理人は小さな成長に達成感を感じて、少しずつ会話力を上げてきた気がします。

まずは「会話を上手くなりたい!」と意識してみてください。

意識して自分から話しかけるようにした

管理人も最初は「決意」から始まりました。そして次にやったことは、「自分から相手に話しかけること」でした。

思えば以前、管理人は話しかけるのを待つばかりでした。でも、これではダメですよね。みんな「話しかけられたい」と思っています。そのため、自分から話しかける必要があるんです。逆に言えば、話しかけられる人、話題を提供できる人は存在感があり、周りから慕われるようになります。

これは人によると思いますが、管理人の場合は、「話題を提供すること」は意識してやっています。ただ、そこからは自分が一方的に話すのではなく、相手や周りの人が積極的に話せるような空気づくりを意識しています。つまり、最初だけ話題を作れば、そのあと話すのはほとんど相手や周りの人です(笑)それでも十分に相手には「楽しい時間だった」と感じてもらえます。要は「きっかけ作り」が一番大変なのだと思います。

多くの人がやってしまいがちなのが、「会話が続かなかったらどうしようと不安に思って、話しかけることができない」というケースです。

とくに会話が苦手な状態で話しかけると、その後の会話が続かないことはよくあります(汗)これはけっこうつらい時間ですが、「そういうこともある」と思っておけばいいです。別に人生の中での大失敗ではないので、「少しの恥はまあいいじゃないですか」という感じです(笑)

こうした失敗を重ねると、少しずつ会話が上手くなります。そして気が付けば、普通に会話を楽しめるくらいにまで会話力がアップしているはずです。

小さな出会いでも、女性と会話できる機会を大切にした

管理人は「会話が上手くなりたい」と思ってからは、ひとつひとつの会話の機会を大事にしました

会話ベタだったころは、会話できる機会が少ない状況でした。ですがアンテナを張ってみると、会話できる場は意外とあります。仕事の同僚や美容院、買い物に行った店のスタッフなど。ひとつの会話を大事にして「ちょっと話せたなー」とか「もうちょっとこう言えば良かったかな」なんて考えながら会話をしていました。

これを繰り返していると、会話をできる機会が増えます。自分でも無意識のうちに「婚活パーティでも行ってみるか」「友達と遊びに行こう」などの行動を取って、会話をするようになります。

お笑い(漫才)を見た

管理人はもともとお笑いが好きでした。そのためトーク重視の漫才を、会話の参考にしていました。この方法が合うかは人によるかもしれませんが、とりあえず見てみるのは良いと思います。動画サイトなどで見ることができます。

最初は何がポイントなのかなどは分からないと思うので、「とりあえず見る」のが良いと思います。

ただ、管理人も最初のころにやってしまっていましたが、「会話上手」とは「お笑い芸人のような爆笑を狙った話」ができることではありません!会話が上手い人は、相手が話したいことを気持ち良く話してもらうのが上手いと思います。

そのためお笑い芸人の漫才を見るのは、話の内容よりも漫才という「会話の空気感」や「テンポ」、「リアクションの取り方」などです。爆笑させるような面白い話をできなくても、会話上手になることはできると思います。

恋愛に関する音声を聴いた

最近は便利なもので、スゴ腕ナンパ師などの音声教材などが販売されています。筆者はこれを購入して聴いていました。会話が苦手なころは本当に聴き込み、「すげーな〜」と感心していました。

ビジネスの世界でも、「成功している人の話を日頃から聴いていると、自分のビジネスセンスが上がる」という話があります。これと同じことが恋愛にもいえると思います。ナンパ師の人は会話上手なので、音声を聴いて影響を受けると良いです(笑)「本当なの?」と思う人もいるかもしれませんが、ぜひやってみてほしいですね。

こうした音声は一度購入すれば、繰り返し学べるのが良いところです。自己投資として良いと思います。

成長を楽しみながら続けよう

以上、管理人が行ってきた会話を上達させる5つの方法を紹介しました。まずは「小さなことから始める」のが良いと思います。管理人も、本当に最初は小さなステップを積み上げてきました。

会話はすればするほど上達します。また、会話自体が楽しいので、楽しみながらスキルを磨くことができます。ぜひ成長を楽しみながら会話を磨いてほしいと思います。そしてあなたの会話力が大きくアップすることを祈っています。

\ SNSでシェアしよう! /

恋活ボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋活ボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 【恋愛初心者向け】30代でモテない男性が彼女を作るためのステップ

  • コレは絶対!男性が最低限行う身だしなみ6ポイントとグッズリスト

  • 【これでOK!】夏デートの注意点やオススメスポット、ファッション

  • 女性とのデートで失敗しない店選びのポイント・注意点

  • 恋活アプリ(ペアーズ・オミアイ)で返信率の高いメッセージの送り方

  • 【モテ力アップ】恋愛教材って意味や効果あるの?購入して大丈夫?