1. TOP
  2. くせ毛やうねり、男性の梅雨の髪トラブル対策法!おすすめシャンプー

くせ毛やうねり、男性の梅雨の髪トラブル対策法!おすすめシャンプー

スキンケア この記事は約 6 分で読めます。

くせ毛の人は、梅雨の時期に髪の毛がうねったり、ペタンコになったりと、髪の毛に色んなトラブルが起きやすいです。これを何とかしたいと思うこともあると思いますが、きちんとポイントを押さえて対処しないと、なかなかしつこいくせ毛はストレートになりません。

そこでここでは、「梅雨の時期に髪の毛にトラブルが生じる仕組み」と「梅雨や雨の髪の毛トラブルを防ぐためにできること」を紹介します。参考にして、梅雨の髪の毛トラブルを乗り切ってくださいね!

梅雨は髪の毛がうねったり、ペタンコになりやすい

梅雨に髪の毛のトラブルが起きやすいのは、想像の通り「湿気」が原因。

髪の毛は湿気を吸収することがあります。髪に水分が多くなると太さが均一でなくなり、一部がデコボコになったり、うねりやすくなったりしてしまいます。また、たくさん水分を含んでしまうと、髪の毛は水の重みによってペタンコになってしまいます。これが、梅雨や雨の日に起こる髪の毛トラブルの仕組みです。

くせ毛の人は髪の毛が水分を吸収しやすかったり、うねりやすかったりします。また、髪の毛が体質的に細く、ペタンコになりやすいこともあります。そのため梅雨の湿気による影響を、髪の毛がモロに受けてしまうのです。

ただ、こうしたトラブルが起きてもきちんと対策をすることで、髪の毛を良い状態に保つことができます。

梅雨の髪の毛トラブルの対策方法

くせ毛の人が髪の毛トラブルを防ぐためには、次の4つを意識すると良いです。

・くしで髪をとかしてからドライヤーをかける。
・「エアコンの冷房・ドライ機能」や「除湿器」を活用。
・くせ毛用のシャンプーに切り替える。
・美容院で「縮毛矯正」をしてもらう。

この4つです。それぞれについて、紹介していきます。

くしで髪をとかしてからドライヤーをかける

まずは応急処置として行いやすい対処方法について。

お風呂から上がったあとに「くし」で髪の毛をとかします。くしで髪をとかしたあとに、ドライヤーをかけます。こうしてドライヤーを当てる前に髪の毛を伸ばしておくと、ストレートになりやすくなります。用意するものはくしだけなので、一番簡単に行えるくせ毛の対処方法です。

ヘアアイロンは効果がない!

人によっては髪の毛を真っすぐ伸ばすために、「ヘアアイロン」を使うことがあります。ただ、ヘアアイロンは一時的に伸ばすことはできても、またすぐに湿気でくせ毛に戻ってしまいます。そのため、「ヘアアイロンはあまり意味がない」と思っておいたほうが良いです。

「エアコンの冷房・ドライ機能」や「除湿器」を活用

また、部屋で過ごしているときに湿気が気になるときは、エアコンの冷房をつけたり、「ドライ機能」で運転させたりすると良いです。除湿器を購入して付けておくのもオススメ。できるだけ髪の毛が湿気を吸収しない環境を保つことで、髪がうねったりペタンコになったりすることを防ぐことができます。

除湿器は安いものだと1万円ほどで購入することができます。今後続けて使えるので、余裕があれば検討してみると良いですね。まずはエアコンの冷房やドライ機能を活用することでも、十分湿気を取り除くことができます。

くせ毛用のシャンプーに切り替える

使っているシャンプーが薬局(ドラッグストア)やスーパー、コンビニなどで購入する市販のシャンプーなら、これを「くせ毛用のシャンプー」に切り替えるのがオススメ。

市販のシャンプーは、たしかにきちんと汚れを落とすことはできます。ただ、くせ毛を改善したり、頭皮や髪の毛を良い状態に保ったりするシャンプーは少ないです。質の良いシャンプーは、やはりそれなりの値段がします。

安く購入できるシャンプーで髪の毛トラブルを引き起こしてしまうなら、良いシャンプーを使うほうが逆に損をせずにすみます。

くせ毛用のシャンプーとして男性にも女性にも支持されているのが「クイーンズバスルーム」というシャンプー。クイーンズバスルームは「くせ毛やうねりに特化したシャンプー」で、「髪の毛の中で起こっている結合」に注目して作られました。

クイーンズバスルームで髪を洗うと、くせ毛の中でバラバラに存在している「水素結合」という結合を、クイーンズバスルームで洗うと均一に整えることができます。これによってうねりやまとまりのなさを解消でき、ストレートな髪を実現できます。

クイーンズバスルームは1,200円(税抜・送料無料)でお試しセットがあるので、まずは試してみてから本格的に使うのも良いと思います。正規品はシャンプー2,300円(税抜)+トリートメント2,000円(税抜)です。

続けて使うことで、髪質を変化させるのに役立ってくれます。値段もめちゃくちゃ高いわけではないので、くせ毛に悩んでいる場合には、使ってみるのもオススメです。

美容院で「縮毛矯正」をしてもらう

手早く髪の毛のトラブルを直すなら、「縮毛矯正(しゅくもうきょうせい)」がオススメです。縮毛矯正は「髪の毛に専用の薬をつけてから熱を加えて、真っすぐに伸ばす処置」を指します。

縮毛矯正は美容院で行ってもらうことができ、一度縮毛矯正をかけた部分はずっと真っすぐなままです。そのため「いろいろややこしいケアをするよりも、縮毛矯正をしたほうが早い」という人は多いです。ただ、新しく生えてきた髪は、またくせ毛になります。

縮毛矯正とストレートパーマを混同してしまう人がいますが、ストレートパーマは「戻すことができる」という点が違います。縮毛矯正は薬と髪の毛の加熱(180℃)によって、髪の毛の水素結合を真っすぐにします。そして、縮毛矯正をかけた部分は効果が長く持続します

縮毛矯正は美容院によって料金が異なりますが、1〜2万円ほどのお店が多いです。また、アイロンをかける分だけ通常のカットよりも時間が長く、仕上がりまでに2〜3時間ほどかかります。

縮毛矯正は美容師さんの技術によって仕上がりが左右されやすいです。経験の浅い美容師さんに縮毛矯正をしてもらうと、「髪は真っすぐになったけど、前髪が浮いてしまった・・」というトラブルも(汗)

そのため単純に安いお店で行ってもらうよりも、サロンの担当者さんの話を聞いて、信頼できそうかを確認することが大切です。都市部の人気サロンや有名サロンなどは、高い技術をもった美容師さんがたくさん在籍していることが多いです。検討してみるのはオススメですよ。ホットペッパービューティならポイントも貯められてお得です。

また、縮毛矯正は「髪の毛へのダメージが大きい」というデメリットがあります。そのため、あまり頻繁にかけ直すことはおすすめしません。また、上で紹介したクイーンズバスルームのような、質の良いシャンプー・トリートメントでのケアをすることも大切です。縮毛矯正を定期的に行っている人でも、半年以上空けていることが多いです。

梅雨はしっかりと髪の毛のケアを!

ここでは、梅雨や雨の日に起きやすい髪の毛トラブルの対処法について紹介しました。紹介した方法をまとめると、次のようになります。

・とりあえずケアをしたい場合は、くしを使って髪を真っすぐに!
・エアコンや除湿器を使って、湿気のない環境を保とう。
・くせ毛用のシャンプーに切り替えて、定期的に髪の毛をケア。
・すぐにくせ毛を直したい場合には、「縮毛矯正」を美容院でしてもらう。

以上のことを試して、梅雨のくせ毛を乗り切ってほしいと思います。こうしたことを定期的に行うだけでも、かなり髪の毛の状態に差が出てくるはずですよ!

\ SNSでシェアしよう! /

恋活ボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋活ボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • かゆみ・ハゲ対策!紫外線の頭皮に対するダメージの予防・ケア男性版

  • メンズヘッドスパで頭皮・髪の毛のケア!美容院とメンズエステの違い

  • メンズ頭皮ケアの正しい方法!男性が行うべき5ステップと生活の注意点

  • 男性の洗顔フォームの選び方!肌質に合う洗顔料を選ぶ4つのポイント

  • 男性が行うべき夏の汗対策!ワキ・背中・顔・におい・服装

  • アンチエイジングに!男性が行うべき紫外線対策スキンケア4ステップ