1. TOP
  2. アンチエイジングに!男性が行うべき紫外線対策スキンケア4ステップ

アンチエイジングに!男性が行うべき紫外線対策スキンケア4ステップ

スキンケア この記事は約 5 分で読めます。

日差しが強くなってくると気になるのが「紫外線」です。女性は紫外線対策をしっかりする人が多いですが、男性で気をつけている人はまだ少ないです。ただ、紫外線の影響は年齢を重ねてから出てくるので、早めに対策しておくことが大切!男性の紫外線対策は、これから盛り上がってくると思います。

そこでここでは「紫外線対策として男性が行うべきスキンケア」について紹介します。ぜひしっかりマスターして、紫外線のダメージを避けてくださいね!

紫外線に当たらないよう意識する

まずはそもそも、紫外線に当たらないよう気をつけることが大切!

女性は暑くなってくると長袖を着たり、日傘をさしたり、屋根のある所を歩いたりと、紫外線に対して相当敏感になっています。男性は日傘をさしたり、長袖を着たりする必要はありませんが、なるべく紫外線を避けるよう「意識」しておくことは大切です。

意識ひとつで、肌に当たる紫外線の量を大きく減らすことができますよ。「日頃から紫外線を避けよう」と気をつけている人と、何も考えずに過ごしている人では、浴びる紫外線の量に圧倒的な差が生まれます。

意識は今すぐにでも変えることができます。「俺はこれから、絶対紫外線に当たらない」とガチガチに考える必要はありませんが、「なるべく避けるようにしよう」と考えておくことが大切ですね。

日差しが強いときは日焼け止めを!

日差しが強いときには、「日焼け止め」を塗ると良いです。日焼け止めは「SPF」と「PA」という、2つの指標があります。

紫外線(UV)はUV-A・UV-B・UV-Cの3種類があり、UV-Cは地上にほとんど届いていません。つまりUV-AとUV-Bの対策をすれば良いことになります。「UV-Aをどれだけ防げるか」を示すのがPA、「UV-Bをどれだけ防げるか」を示すのがSPFです。

PA(Protection Grade of UVA)

UV-Aを防ぐ度合いを示します。PAは++++、+++、++、+という4段階に別れていて、「+」が多いほどUV-Aを防ぐ力が高いです。ただ、+が多いほど、肌への刺激は強くなります。日常的な紫外線対策には、PA++がオススメ。

日焼け止めは肌にとって「異物」であり、長時間塗っていると日焼け止め自体が刺激になります。そのため「日差しが強いとき」や「どうしても日焼け止めを塗って紫外線対策をしたい」という場合に塗ると良いです。また、最近は低刺激な日焼け止めも販売されているので、こうしたものを使うのも良いです。

SPF(Sun Protection Factor)

UV-Bを防ぐ度合いを示します。SPFは数字で示されていて「SPFが1増えるごとに、日焼けを約20分遅らせることができる」といわれています。

つまり「SPF50」と示されていたら、50×20分=1,000分=約16.6時間は日焼けを遅らせることができる、ということがいえます。「SPFの数字が大きいほど、UV-Bを防ぐ力が高い」と考えると良いです。ただ、数字が大きいほど、肌への刺激が強くなります。日常生活での紫外線対策にはSPF20〜50の日焼け止めがオススメ。

帰宅後は日焼け止めを洗い、水分補給・保湿!

紫外線対策は、家に帰ってきてからもやるべきことがあります。大きく分けるとやることは3つで、「日焼け止めを洗い流す」「肌への水分補給」「保湿」です!

日焼け止めはしっかり洗い流そう

家に帰ってきたら、日焼け止めはしっかり洗い流しておきましょう。上でもお伝えしたように、日焼け止めの成分は肌にとって刺激になります。そのため洗い流しておくことで、日焼け止めによる肌へのダメージを防ぐことができます。

お風呂へ入り、石けんやボディソープを使って、日焼け止めを洗い流しておきましょう。このときに「ゴシゴシ!」と強く洗ってしまうと、皮膚を傷つけやすいです。そのため優しく洗い流すことがポイントです!

「美容液」を使って肌への水分補給を!

お風呂から上がったら、次にやることは「美容液」を使っての水分補給です。

紫外線は日光に含まれています。肌に日光が当たると、目には見えませんが皮膚が「火傷(やけど)」をしている状態になります。火傷の状態では、肌に含まれている水分がドンドン蒸発してしまいます。そのため美容液を使って、失われた水分を補給をする必要があるのです。

ドラッグストアなどでは「男性用の美容液」が市販されているので、こうしたものを活用して水分補給をしましょう。美容液はしっかり肌のケアをするなら、毎日使うほうが良いです。夏は「暑さによって失われた水分を補給するため」、冬は「乾燥によって不足した水分を補うため」に美容液を使いましょう。

「保湿液」で保湿をして、水分を閉じ込める

美容液を肌に含ませただけでは、火傷した肌から水分がまたすぐに失われてしまいます。そのため、補給した水分を保つために「保湿液」を使います。保湿液はクリームのようなとろみのある液体で、肌に塗ることでうるおいを長時間保つことができます。

「水分補給」と「保湿」は、必ずセットで行う必要があります。「美容液を塗ったから、コレでヨシ!」と考えるのではなく、必ず保湿液も塗ってくださいね。

美容液や保湿液での水分補給・保湿は、始めたばかりの頃は少し面倒に感じてしまうかもしれません。ですが慣れればさっと行うことができますし、紫外線が強い時期でも肌を良い状態に保ちやすくなります。そのためぜひ、しっかり行ってほしいと思います。

まとめ

以上をまとめると、男性が紫外線対策をするためのスキンケアは、次のポイントを守れば良いです。

・「紫外線を避けよう」と意識する。
・紫外線が強いときは「日焼け止め」を使う。
・日焼け止めは1日の終わりに洗い流す。
・「美容液」と「保湿液」で水分補給・保湿をする。

これらのことに気をつけてスキンケアをすれば、紫外線対策をしっかりすることができますよ!

紫外線のダメージは、気が付かないうちに蓄積してしまいがちです。そのためこまめに気をつけることで、肌を良い状態に保つことができます。きれいな肌は、女性からも好印象をもたれやすいです(笑)ぜひ紹介したポイントを参考にして、気をつけてみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

恋活ボックスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

恋活ボックスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 男も顔の乾燥・肌荒れ対策は重要!4つのポイントで冬のケアを!

  • skinvill(スキンビル)は男性にもオススメ!口コミ・体験レビュー

  • メンズヘッドスパで頭皮・髪の毛のケア!美容院とメンズエステの違い

  • メンズ頭皮ケアの正しい方法!男性が行うべき5ステップと生活の注意点

  • 男性の洗顔フォームの選び方!肌質に合う洗顔料を選ぶ4つのポイント

  • 剛毛さらば!男性がすね毛を脱毛する方法まとめ。オススメの処理は?